子供の教育費

MENU

子供の学費

赤ちゃんが産まれたら将来を見越して、学費などの教育費用をコツコツ貯金していく事が重要となります。その為には、子供が大学卒業するまでに必要となる学費がいくらになるのか?ある程度把握しておく必要があります。

 

そうしないと、月々いくらぐらい貯金しないといけないのかが分からないですからね。

 

でも、そう簡単に言われても各家庭によって教育方針も違うだろうし、通わせる学校も変わってきます。なので、はっきりとした教育費用がいくらになるのかは分かりません。ただ、大まかな概算費用を出す事は出来るので、大学卒業までにいくらぐらい必要になるのか調べてみました。

 

 

幼稚園にかかる費用

公立・・・3年間で約70万円
私立・・・3年間で約140万円

こちらの金額は、幼稚園の授業料だけでなく、制服や教科書代・給食費や習い事の月謝など、幼稚園のお子さんにかかる費用を平均値で出したものです。

 

結果的に見ると、私立幼稚園に通わせた場合は、公立幼稚園の約2倍の学費が必要となるのが分かりますね。

 

 

小学校にかかる費用

公立・・・6年間で約180万円
私立・・・6年間で約850万円

幼稚園の学費と同じく、小学校の場合も公立小学校に比べると私立小学校に通わせた方が学費が高くなるというのが分かりますね。約4.5倍もの違いがあります。公立小学校と私立小学校の一番の違いは、授業料の違いだと思います。

 

公立小学校の場合は授業料の負担が無いんですが、私立の場合は年間40万円以上の授業料が必要となります。また、入学金や教科書・制服代なども私立の方が高額になる傾向があります。

 

 

中学校にかかる費用

公立・・・3年間で約135万円
私立・・・3年間で約390万円

中学校の場合は、公立と私立のでは約3倍の違いがあります。小学校と同じように公立中学校は授業料が不要となっているんですが、私立の場合は高額な授業料が必要となります。

 

 

高校にかかる費用

公立・・・3年間で約115万円
私立・・・3年間で約290万円

高校の場合は、中学校の時と比べると若干必要費用も下がったような気がしますが、それでもそれなりに必要となってきます。やはり私立学校は授業料などが高く、効率と比べると約2.5倍の差がありますね。

 

 

大学にかかる費用

国公立・・・4年間で約520万円
私立・・・4年間で約700万円〜900万円

大学に進学すると、費用もウンと上がります。国立・公立ならまだ必要費用を抑える事も出来るんですが、私立大学の場合はかなり高額になります。また、進学する学科などにもよって学費などが大きく変わってきます。

 

 

トータル費用

幼稚園から大学卒業までに必要となる費用は、安くても1000万円は必要と考えた方がいいでしょう。もし、ずっと私立の場合だと、2500万円ぐらい必要となります。かなりの額ですね。。。

 

子供が産まれたら、学費の事を計算して貯金していかなければならないという事が分かりますね。大学生になれば、子供自身がローン(大学生ローン)を組んで学費を支払っている方もいるんですが、やっぱり出来る事なら親が全部出してあげるようにできる事が理想です。

 

将来を考えて、毎月ちょっとづつでも貯金していく事が大事ですね。